Wonderful !!

笑顔に包まれて・・pattayaより

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりです

皆様お久しぶりでございます^^

実は実は。。。とお話しても、ご存知の方は多いですね
そうそう我が家は先月本帰国を致しました!!

帰国前は震災直後ということもあり
不安を沢山抱えた毎日で普通の本帰国とは少々違う意味でナーバスになりました。

タイで知り合った数多くの知人がゲストルームを貸すから残りなさい!!と
長男だけでも預かるから!と声を掛けて頂きました。

残ることの意味
帰ることの意味


本帰国を二週間延ばし。。。

沢山の事を考え・考え
悩み・悩み

家族全員、笑顔で本帰国致しました。


ナーバスになるだろう。。とか
帰りたくない!!と後ろ髪引かれるだろう。。とか
タイに戻りたぁいと思うはず。。とか
そんな風に思うことも考えることもなく空港を後にした私達

気付けば日本での新生活は順調にスタート

長男は以前通っていた学園に戻り
以前と変わりなく毎日を過ごしています。
勉強に関しては。。。タイで過ごした日々の分の日本の勉強からスタート
取り出し授業と言ってきちんとしたカリキュラムのもと今の学年に標準を合わせるのです^^
↑これがあるから経験重視としてタイ生活を満喫♪ありがたい
また、サッカーでも某クラブチームに入部が決まりました!!

次男はタイではY1
学校では勉強が始まっていました。
がしかし、、、日本ではまだ年長さん うぅかわいい♪
毎日毎日幼稚園で遊べるのがとても楽しいようです。
好きなだけ粘土であそべるし、好きなだけ泥ダンゴを作っています。
お友達も沢山できて、園にお迎えに行くと次男の名前を呼んでくれる沢山の声を聞くことができます^^

主人は。。。
国内で単身赴任という我が家では始めての試みです。
本来なら一緒に!!と考えていたのですが、震災の影響により子供を連れて北上するのは躊躇われました。
少々不安な新生活??と思っていましたが、それはそれ。。
今までとは違った形の家族像というのを築こうと試行錯誤です。

私は。。といえば
タイ同様、子供の関係で毎日毎日大忙しです。
開かずのダンボール箱、、もしかしたら本当は必要なかったのでは??と思うほど
引越し作業は進んでいません^^;



「お帰り」という言葉を何度も聞き
大きな笑顔に何度も迎えられ、帰国して悲しいとか寂しいとか
そんな言葉は全く感じることがありません。

時に本当にタイで過ごしていたのだろうか?と錯覚さえ起こします。

しかし、タイでの子供達の成長で私の思う生き方が間違っていなかったという確信が
今再び新たな一歩を踏み出す力となっています。


私達は大きな宝箱を抱え戻ることができたのだろうと。。
今はそんな風に思えます。主人に感謝です^^





さてさて。。。

今まで私のブログに訪れて下さいました皆様
本当に本当にありがとうございました。

今読み返してもありゃ??と思う文章の数々ですが 

辛いことも、悲しいことも楽しいことも嬉しいことも
本当に私達家族が経験してきたことです。



私達はタイへ来れたことをとても感謝しています。
なぜならそれはタイだから出会えた運命が沢山・沢山あるからです。

その出会いをこれからも一つ一つを大事にし
そしてこれからの出会いに繋げていこうと思います。

まだまだ冒険は続きますが、こちらのブログは一先ず小休止です^^
再開のメドは現時点ではありません。

皆様からの沢山のコメント(鍵コメ含む)支えになりました。
このブログを通じて出会えた出会いも私の宝物になりました。
本来なら日本の友人等に向けたブログでありましたが
こんな形の出会いもあるんだなぁ^^と結構楽しむこともできました。


本当に本当にありがとうございましたぁ!!



最後に。。。

また再開できることを願いつつ。。。

See you










スポンサーサイト
*CommentList

な・な・な・なんで!!

ここ数日寒い日が続いています。

寒い。。おかしいですよね?この言葉。。

だってここはタイ!なんですものねぇ

だけど本当に寒いんです。。

朝はフリースの上着を着て、足には靴下です。しかもその靴下は冬物@@
スリッパも履いています。石の床は底冷えしてとても冷たく床暖房ならぬ床冷房のようです。


おかしいですよね。。
乾季はとっくに終わり、本来ならソンクラーン(タイのお正月)に向け
徐々に??一気に?暑さが増すはずなのに。。。

珍しく主人もコートを羽織り出勤です。
窓も開けられず、シーリングファンも止めています。

う~~ん ありえない!



地球どうした?何があった?


そんな風にも思えてしまいます。。。
*CommentList

いつまで。。

いつまで今の日本の状況が続くのか。。

ここで見れる日本の報道では誰も何も言わない。

今出来ることを沢山の協力の得て進めているけれど

いったいいつまで続くのか。。


きっと誰しも抱いている疑問なのではないでしょうか?


さて、そんな時


大前研一氏の講演を偶然目にすることができました。
(RIE様 ありがとう)

大前研一氏というのは。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。 (株)日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。 以来ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。
(大前 研一「ニュースの視点」blogより抜粋)


さき程残したURLのyou tubeは19日に公開されたものなのだそうです、もしかしたら今の状況以前のデーターを基にしていてまだ間に合いますか?と問いたいところだけど。。
注:これが正しいかは分からない、、だけどとても理解しやすい講演のように私は思いましたのでここでupしようと思いました



本当のことが知れれば、本当にしなければならないことを理解するのに
残念ながら今の政府の対応や某電力会社の話すことは理解できない。

ただちに。。と食に関しても水に関しても言うけれど
ただちに事態が収まったらという前提の話ばかり
だけど困難は続いてますね。。

もう既に何日掛かっているの??という私達の思いの不安はきっと伝わっていないのだろうと。。



原子力安全委員会の反省の弁

これで落ち込んでいる暇は無い!!
だからどうする? 考えて!! そして教えてほしい!!

被害はまだ続いているの

今被災している人達を救いたい
でも原発問題で被災するかもしれない人がまだ増えるかもしれないという今の日本

蓄えも人材も無い今の日本

だけど復興しなくちゃいけないはずです。

これ以上動けなくなる人を出したらいけない
もし動ける人がいなくなったら

本当に日本が日本でなくなる

下げる頭があるのなら、ぜひその頭をフル回転してほしい。
そして本当に見えている近い未来を語ってほしい。

そしたら次ぎにしなければならないことが見えてくるのではないでしょうか?


今のままじゃ防護もできないし、未来も見えない


私はそう思えてなりません。


もうただちに。。なんて言葉要らない


人は生きていく為に水が必要だし、食も必要なのだから

また、それらのものからパワーを受け

人は生きていく基本の力を受け継ぐのだからね


守るのは命
それは人間だけでない

人間の命を守るのもの全てを守らなければいけないのだはと考えます。

pray

震災が起こってから1週間という時間が流れていました。

一本の電話から今日までテレビの前を離れるのが怖かった日々

今も怖い
どうしていいのか分からない


目の前の子供達を見ては将来を案じ
被災者の映像を見ては涙を流し
友人達と日本を心配した


昨日の夕方、久しぶりに次男と敷地内でフットボールをする
久しぶりに聞く笑い声
しばし現実から遠ざかった時間となる

そして今日次男のお友達のお母さんから次男を預かるから
その間色々なことを・・と声を掛けてもらう

ありがたい

自宅に戻りまず日本に電話
しばしニュースを見て

歩いてみようと思った



愛犬との散歩 久しぶり



敷地内に住むご近所さんとの会話
半分以上は日本の話

日本の話題を英語でするなんて・・以前は全く考えもしないことだった
だけど伝えたいことが沢山あって
私の口から発する数々の言葉

驚くほど会話が飛び出している

辛さも悲しみも心配も
同じ思いを持つ者同士
不思議と会話が続いている


時に笑顔もあった  暫しの休息


会話を終え
自宅に向かう途中


空に月が見えた

風で葉が揺れていた

冷たい風が妙に心地良く感じる


明日を信じよう

久しぶりに現実の明日を見たような気がする



今こうしている間にも
沢山の人が今回の災害で何が出来るのかを考えている


その力が何かを動かすはず
そんな風に思ったら、少し体が軽くなったように感じました。





皆の祈りが届きますように・・・

海外からでもできること

東北地方太平洋地震。。。

その情報が入ったのはこちらの友人からの一本の電話。
日本が大変なことになっているけど家族は大丈夫?連絡を。。
と、いうものでした。

その時帰国の準備で外出中だったので、その時は情報集めができずにいたけど
友人の切羽詰った雰囲気に取り合えず母に電話をしました。

一本の電話、これが繋がることで離れて暮らす私達が安心できる
本当に大事なライフラインだと痛感。

さて、タイの状況ですが
私のタイ人の友人が慌てた様子で私の母国である日本を心配し
帰国をする我が家のことを案じ電話をくれました。
メイドさんもドライバーさんも「つなみ・つなみ 大丈夫??」ととても寂しげな表情で心配をしてくれています。また、私が今通う病院でも看護婦さんが「家族は大丈夫?」と心配をし、ドクターは「日本に何かしたいがどんな方法があるのですが?これは日本だけの問題ではない。ぜひ何か協力をしたい」と真剣な眼差しで話してくれました。
待合室では日本の大変な様子のnewsが流れ、驚きを隠せない表情で皆が見入っています。

諸外国に住む主人と私の友人達からもメールを頂き
世界が日本のことを思い、心配をしてくれているのをとても感じることができています。

さて帰国準備に明け暮れ、考えなければならないことも多々あり
日本に対して私の出来ること!というのが見つからなかったのですが
私の友人からの配信で以下のことができることを知りました。

もし皆様も「どうしたら?」と思われてなかなか行動できないようでしたら
ぜひ参考にしていただけますとありがたいと思い
抜粋形式でupさせて頂きます。

郵貯をお持ちの方へ
日本赤十字社は14日、東日本大震災の災害義援金の募集を開始した。
 義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、
口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」
口座番号は「00140-8-507」
9月30日まで。
クレジットなどご利用の場合こちらをご覧ください。

また下記のサイトも
まとめサイト

人を探している方へ個人の名前を検索できるGoogleのサイトです。(英語、ローマ字での検索も可能)
http://japan.person-finder.appspot.com/query?role=seek

Groupon us
英語版
日本語版

レディーガガ
http://ladygaga.shop.bravadousa.com/Dept.aspx?cp=14781_42444


また、日本に住む友人から抜粋させて頂きます。

携帯ツイターしてることが大変重要なツールになっているよう   です。



上海に住む友人が家には送りたい毛布があるのに。。と嘆いておりました。

確かに本当にその思いは今海外に住むなら誰でも思うことなのではないのでしょうか?
私も暖かい食事を目の前にしたり、ベットで横になる瞬間
何が出来るのかと日々考えさせられます。

一日でも早く、また僅かであっても状況がより良くなる事を願い、私の得ました情報をupさせて頂きました。他にも・・という情報がありましたら、ぜひそのことを一人でも多くの方に伝えて頂けましたら幸いです。




*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

yukako:april

Author:yukako:april

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも一覧

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。